神宮外苑花火大会2017年。無料でサクッと観れる穴場はここ。

      2017/08/20

 花火大会といえば、海や河川敷が定番ですが、都会の夜景の中にうちあがる花火もオシャレで良いですよね。

 東京のど真ん中(山手線の内側)で打ち上げられる花火としては最大規模の1万発が打ち上がる花火大会が神宮外苑花火大会です。2017年は8月20日(日)で、ステージにはゴールデンボンバーや大黒摩季や岡崎体育などが出演します。

 出演アーティストのファンの方は迷わず有料席ですが、そうでもない人は、無料で観る方が良いかもしれませんね。神宮外苑花火大会を無料で観るか有料で観るか、メリット・デメリットを考えつつ、無料で観れる穴場についても、いくつかご紹介していきます。

神宮外苑花火大会は無料穴場を探すべきか?有料で観るべきか?

花火を近くで観たいなら有料席を

神宮外苑花火大会の有料席は2,500円(2015年実績) 有料席は以下の4会場です。

  • 神宮球場(6,500円)
  • 軟式野球場(2,500円)
  • 秩父宮ラグビー場(2,500円)
  • 東京体育館敷地内(4,000円)

以前は、これらの有料会場の周囲が無料ポイントで、場所取りしたりして花火を観ることができたのですが、最近は、神宮外苑付近は、ほぼ場所とり禁止、立ち止まり禁止になってしまいました。

手堅い無料ポイントとされていた、明治公園、絵画館前、東京体育館敷地内、国立西テニスコートなどが、無料で観るのがどんどん難しくなってきているのです。

これは、オリンピックに向けて国立競技場の工事が進んでいる影響もあります。

「とりあえず行ってみるか」と出かけてみても「立ち止まらないで!」という警備に阻まれて、なんとなく人混みにまみれながら、チラッと花火を眺める……みたいな、中途半端な結果になる可能性も高いです。

花火会場間近で観たいなのなら、無料はあきらめて、有料での観覧をおすすめします。

チケットは例年6月中旬から発売されています。

有料会場の特徴と選びかた

有料会場の特徴を観ておきましょう。

●神宮球場…メイン会場。仕掛け花火などもばっちり観れる。オープニングライブとアフターライブもあり。一塁スタンドの後部が最も花火が見やすい席です。

●軟式野球場…会場内に屋台がありお祭り気分が楽しめる。シートを地面に広げて楽しめるのでグループや家族向け。ヒマラヤ球場・けやき球場が見えやすい場所。

●秩父宮ラグビー場(2,500円)…シートではなくスタンドで安めに見るなこちら。

●東京体育館敷地内(4,000円)…打ち上げ場所に最も近く良く見える。ライブなどはウザイので花火だけ純粋にじっくり観たいという人におすすめ。

以上が、有料会場の特徴になります。

神宮外苑花火大会は、民間主催の花火大会のため、ライブに登場するアーティストやタレントなどは、すべてスポンサーの思惑で決まっていきます。なので、プログラムはバラバラでコンセプトは特に無く、かなりTVのワイドショー的なステージになります。正直、お洒落感はあまりないかも……。

なんで、絶対観たい人が出演してれば別ですが、そうでなければ、特にライブにこだわる必要はないでしょう。

スポンサーリンク

神宮外苑花火大会を無料で観るには

神宮外苑花火は、お洒落にキメたいなら、むしろ無料の穴場スポットから遠目に観る方がいいかもしれませんね。

神宮外苑付近の無料ポイントが、工事の影響や立ち止まり規制で、のきなみ観にくくなっているため、周囲の無料の穴場もそれなりに人が流れて、混雑するかもです。

また、あくまでも、多くの穴場スポットは遠目だったり、ビルの隙き間から観る、そんな感じになります。(当日のさまざまな状況により観れない可能性もあることも、あらかじめご了承ください。

神宮外苑花火が観れる無料穴場(路上編)

鳩森八幡神社前の交差点付近…距離があるが視界が開けている。神社には出店もあるので縁日気分を味わえる。神社内からは木が邪魔で観れるところと観れないところがある。

●青山陸橋…乃木坂駅 5番出口から青山霊園を通り抜け、外苑西通りをまたぐ陸橋付近。有名穴場のため、それなりに混雑。

青山通り…道ですので混雑しますが、立ち止まり規制は無いようです。青山通りに添って、ビルの隙き間から見えるポイントがいくつかあります。青山一丁目交差点付近、青山二丁目交差点付近、伊藤忠商事本社ビル付近、シーアイプラザ付近、青山三丁目歩道橋(成城石井・手前)

●信濃町駅前慶應義塾大学病院周囲 …慶応病院周囲。特に、慶応病院前の線路沿いの道

四谷の陸橋 …四谷駅より迎賓館と学習院初等科の間の道を進み、右折すると中央線線路と首都高をまたぐ陸橋が。ここは穴場中の穴場。

神宮外苑花火が観れる無料穴場(ビル編)

●恵比寿ガーデンプレイス恵比寿ガーデンプレイス38・39階のレストランフロア無料展望

●新宿高島屋12階レストランズパーク、13階テラス

●渋谷ヒカエリ11階スカイロビー

●原宿東急プラザ7Fおもはらの森

ちなみに有料ですが、観れるポイントとしては六本木ヒルズと東京タワーも良いですね。

●六本木ヒルズ展望台(東京スカイビュー1500円 スカイデッキは+500円)

●東京タワー(900円〜1600円)

 以上、神宮外苑花火について情報でした。

 東京近辺でガチで花火を観に行こうとするなら、やはり、江戸川や荒川、多摩川などあたりでおこなわれる花火大会の方がいいですね。今からですと⇒調布花火大会や⇒たまがわ花火大会も穴場ねらえば観やすいです。神宮外苑花火は、ふだん都心で働いている人が、何気に非日常感を感じられるところが魅力だと思います。

 それぞれの、花火への想いにおうじで、無料・有料のコースを考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

 - イベント, 花火大会は日本の宝 , , ,

error: