海の公園・金沢八景の花火大会2016。混雑を避けるコツや交通規制について。

      2016/08/27

金沢・海の公園花火大会

 金沢八景の駅前からでも、ズドンと大きく見える、金沢まつりの海の公園花火大会。

 横浜・金沢まつり花火大会は、関東近辺の花火大会では、ナンバーワンとも言えるほど広大な無料観覧スペースが海の公園にあるため、穴場情報が必要ないほど、観やすい花火大会です。

 3,500発の花火と、ラスト10分の特大スターマインが海の公園のビーチを照らすさまは、圧巻です。夏休みの終わりに、まだ花火大会に行けてない人、あるいは、今年2回目の花火大会としても、行く価値があるのが金沢まつりの花火大会です。

 ふつうに開演の2時間くらい前に駅につけば、穴場ではなく正面から行ってもぜんぜんなんとかなる余裕の花火大会ですが、それでも、混雑はできるだけさけ、ゆっくりと楽しみたい人もいると思います。そんな人のために、金沢八景の海の公園花火大会の混雑の避け方をガイドしていきましょう。

海の公園の花火大会には乗って楽しいシーサイドラインで行こう

 金沢八景の海の公園で毎年8月末に行われる花火大会。正式には横浜市・金沢区で行われる一連の「金沢まつり」のフィナーレの行事として催されるるものです。

 2016年は8月27日(土)午後7時~8時の日程で、海の公園沖合で打ち上げられます。

 最寄り駅はシーサイドラインの「海の公園駅南口」「海の公園駅芝口」「八景島」「野島公園」の各駅です。シーサイドラインは、花火大会当日は午後4時台から午後10時台まで4分間おきに臨時運行されているので、タイミングがよっぽど悪くなければ利用できると思います。

 たとえシーサイドラインが激混みでも、会場の海の公園は、京急・金沢八景や金沢文庫の駅から歩いても10分そこそこですので、混んでいたら歩いてしまいましょう。

 シーサイドラインは楽しい乗り物ですので、是非のりたい!という場合は、17時頃までにJR根岸線の新杉田からシーサイドラインに乗り込むコースなら長距離楽しめ、確実に混雑を避けれます。

広大な海の公園のなかでもおすすめの花火観覧ポイントは?

 海の公園は広いので18時前には到着して、思い思いの観覧場所ゲットして自由にシートを広げて、のんびり花火を待つのが良いと思います。

 出店は少ないので、オヤツや飲料は予め用意していくピクニックスタイルの方が良いかもしれませんね。

 海の公園のなかでも、特におすすめが、「海の公園駅芝口」に近い「なぎさ広場」周辺です。

 こちらは芝生になっていて、ビーチ側よりも空いていますので、混み具合によっては寝っころがって花火を鑑賞する贅沢もできてしまいます。

花火終了後ものんびりしての混雑を避けよう

 広大な敷地でゆっくりと花火を楽しめる海の公園の花火大会ですが、さすがに帰りは人が集中して混雑します。

スポンサーリンク

 シーサーイドラインは夜の10時台まで4分おきですし、最終も11時台、花火終了後に1時間くらい、のんびりと夜のビーチで遊んでから帰路についても余裕で帰れると思います。ただし品川行きの特急の終電は23時01分発ですので、東京方面へ戻る方は注意してください。

 さて、花火終了後にビーチでのんびりするのではなく、どこか行きたい!という行動派の人は、称名寺のライトアップを見学してから帰れば、時間がずらせるので、駅の混雑を避けられます。

 称名寺(しょうみょうじ)は国宝などの宝物も多い由緒あるお寺ですが、綺麗な庭園とともにライトアップされていて、人気です。称名寺へは海の公園内の「なぎさ広場」付近からですと、15分ほど。金沢まつりの期間は午後9時までライトアップされているので、花火終了後に称名寺に移動すれば、ライトアップを楽しむことができます。

 称名寺からまた徒歩15分ほど金沢文庫駅に着きますので、混雑を避けて、楽々帰れます。

横浜・金沢まつり花火大会は、シーパラからも観れる?

 混雑を避ける方法として、海の公園ではなく、野島公園から観るのも手です。こちらは自然あふれる公園ですので、虫除けスプレー必須ですが、混雑とは無縁な感じです。かといって人出はそれなりにあって、まぁカップル向けかもしれませんね。

 八景島シーパラダイスも花火大会当日は通常営業しています。ナイトチケット3,300円は17時から入場でき22時30分が閉園時間です。ナイトチケット4つの水族館とアトラクションフリーパスがセットになっているので、花火大会と併用だとちょっと使いこなせないかもしれませんね。

 ちなみに、八景島では、金沢まつりの花火とは別に、定期的に短時間の花火を打ち上げています。八景島は花火大会以外の日に満喫したほうが良いかもしれませんね。

金沢まつり花火大会を車から観るには?

 金沢まつり海の公園花火大会の当日は、花火が観れる海浜の道路はすべて交通規制がかかります。海辺りに車を止めて花火を観るのはできません。

 金沢文庫や金沢八景周囲には、コインパーキングがありますが、駅周辺も一部交通規制がかかるため、かなり混雑し、土地勘の無い人以外は、車でのアプローチは避けておいた方が無難です。

 市大医学部の方も、海沿いはすべて車輛侵入禁止となりますので、車で行くのはあきらめたほうがよさそうですね。

 

 

 以上、横浜・金沢まつり海の公園花火大会、についてお伝えしました。

 都心からもアクセスが便利な、自然味あふれるビーチでの花火大会。ファミリーにもカップルにも行きやすい花火大会ですので、是非、夏の終わりに足を運んでください。

スポンサーリンク

 - 花火大会は日本の宝

error: