新居浜太鼓祭2016年。かきくらべを見るには? 鉢合せの予想は?

      2016/10/17

新居伊浜太鼓まつり

 新居浜太鼓祭りは、瀬戸内に面し、漁業と農業と工業で栄えた新居浜に伝わる、エネルギッシュな祭りです。重さ2.5トンもの巨大な山車(太鼓台)が、絢爛豪華に飾られ、勇壮さを競い合う祭りです。

 四国三大まつりのひとつであり、「日本の3大喧嘩祭りのひとつ」とも言われていますが、新居浜太鼓祭りでは、喧嘩は禁止されていて、喧嘩することが本来の祭りのスタイルではありません。

 ただし、やはり規則違反だからこそ、喧嘩(鉢合わせ)は盛り上がるという一面もあり、毎年、偶発的におこる鉢合わせは、祭りの関心事になっていることは否めません。

 この記事では、新居浜太鼓祭りのほんらいの楽しみ方を中心にガイドしていきます。

新居浜の太鼓まつりは、「ジャージ」がユニフォーム?

 新居浜の太鼓まつりは、平安時代から伝わるとされていますが、祭りのスタイルは、伝統的というよりは、時代に合わせて変化していくタイプの祭りです。

 現在のような絢爛豪華な太鼓台の形になったのは、明治時代に、新居浜が銅山や工業地帯として急速に発展し、経済的にも潤ってきたことが背景にあります。

 時代でスタイルが変わるため、衣装が法被(はっぴ)ではなく揃いのカラーの「ジャージ」だったり、太鼓台の最上部にある天幕と呼ばれる膨らんだ布が「ピンク色」だったりと、進化し続ける祭りとも言えます。

 新居浜の人々にとってはこの祭りには必ず帰省するという人も多く、祭りのスタイルよりも祭りをすることそのものに意味がある、という点では「生きた祭り」とも言えるでしょう。

新居浜の太鼓祭りは地区ごとで開催

 さて、新居浜市内には53台の太鼓台があますが、大きく5地区に分かれていて、それぞれ神社や祭りプログラムの内容が異なっています。地区名と太鼓台の数は以下です。

 

 

新居浜太鼓まつり地区ごとの太鼓台の数
川東 9台
川東西部 8台
川西 12台
上部 20台
大生院 4台

 

 新居浜太鼓まつりの楽しみポイントには、「かきくらべ」「かきあわせ」「かき上がり」「船御幸」などがあり、地区ごとで行われるものが決まっています。

かきくらべ

 重さ2.5トンの太鼓台を、150名の「かき夫」たちが力をあわせて、手を伸ばして高くもちあげる技。太鼓台に飾られた房が揺れる美しさや、もちあげている耐久時間などを競い合います。飾りの房は、五穀豊穣の象徴である雨を表しています。全地区でおこなわれます。上部地区の山根グランド統一寄せが最大で20台が集結、川西地区の11台が集結する一宮森ミュージアムや工場前のかきくらべが有名です。

かきあわせ(寄せ担ぎ)

 数台の太鼓台を担いだ状態で、ぴったりと横につけシンクロした動きを見せます。大生院地区のかきあわせが定評があります。17日の午後の渦井川原かきくらべなどで寄せ担ぎの技が披露されます。

かきあげ

 太鼓台をかついで、神社の階段をかけあがるものです。10月16日早朝に上部地区の4台の太鼓台が内宮神社でおこなう行事です。この行事から新居浜太鼓祭りがスタートします。

船御幸(ふなみゆき)

 太鼓台が台船にのり、漁港内を巡回し豊漁を願います。川西地区で隔年で行われていて2016年は開催されます。例年18日にとりおこなわれます。

新居浜太鼓まつりの有料鑑賞席は?

 新居浜太鼓まつりでは、期間中、市内を53台の太鼓台が練り歩いていますが、一度にまとめて観ることができる「統一寄せ」や「統一運行」が観やすいですね。

 なかでも山根グラウンドと一宮杜ミューミアムの二カ所には有料観覧席が設けられるので、安心してしっかり観覧することができます。

スポンサーリンク
新居浜太鼓まつり有料観覧席日程
地区 台数 会場 日時
上部地区 20台 山根グラウンド 10月17日12:00~16:00
川西地区 11台 一宮杜ミューミアム 10月17日10:30~12:00
10月18日13:30~14:30

 

 その他にも、下記一覧のように各地区ごとに寄せ太鼓や夜太鼓が行われ、こちらはすべて無料で観覧できます。詳細は新居浜市ホームページも参照してください。

 

新居浜太鼓まつりかきくらべ一覧【17日
場所「 台数 日時
渦井川原かきくらべ 4台(+7台) 10月17日9:00~10:00
河川敷公園かきくらべ 15台 10月17日10:30~13:00
昭和通り集合 11台 10月17日14:00~15:00
工場前かきくらべ 11台 10月17日15:00~16:00
多喜浜駅前かきくらべ 15台 10月17日15:30~16:30
角野・泉川夜太鼓
(マルヨシセンター新居浜店)
8台 10月17日18:30~20:00
中荻地区夜太鼓
(フジ本郷店)
7台 10月17日18:30~20:30
船木地区夜太鼓
(池田池公園)
5台 10月17日19:30~21:00

 

 

新居浜太鼓まつりかきくらべ一覧【18日
場所「 台数 日時
大江浜かきくらべ 11台 10月18日8:00~9:00
中荻地区統一かきくらべ
(中荻小学校)
7台 10月18日9:30~12:00
船御幸 11台 10月18日10:00~12:00
角野・中荻地区かきくらべ
(フレッシュバリュー喜光地店)
7台 10月18日13:30~15:00
八幡神社かきくらべ 15台 10月18日14:00~17:00
泉川地区統一かきくらべ
(泉川小学校)
4台 10月18日14:30~16:00
船木地区統一かきくらべ
(舟木小学校)
5台 10月18日13:30~15:00
内宮神社宮入 4台 10月18日16:00~15:30
荻岡神社宮入 4台 10月18日16:00~15:30
浦渡神社宮入 3台 10月18日16:30~14:00
一宮神社前統一かきくらべ 11台 10月18日16:30~14:30

太鼓台の鉢合わせは2016年はある?

 さて、御法度となっているけれども、毎年どこかで起こるのが、太鼓台どうしの衝突(鉢合わせ)です。過去にはガチの暴力沙汰に発展したりして、最近は「平和運行」が祭りの趣旨になっていますので、減ってきてはいますが、因縁のある太鼓台どうしというのがあって、喧嘩しそうな雰囲気になることは少なくありません。

 太鼓台どうしが、鉢合った場合、担ぎ棒の先端同士をチョコンと挨拶がてらに、ぶつけあうことがあります。これを「棒端合わせ」と言いますが、これは喧嘩のうちにはいりません。

 しかし、色々、町同士の因縁のようなものがあり、明らかに挑発したりして、太鼓台を延々とぶつけ合う鉢合わせに発展することもあります。太鼓台の装飾をすべてはずして、「裸太鼓」と呼ばれる状態になり、喧嘩目的で繰り出す場合もあります。臨戦態勢に入っている「裸太鼓」を見かけたら鉢合わせが行われる可能性が高いです。

 最近では、川東地区の<東浜vs松ノ木><松神子vs阿島>川西地区の<東町vs西町><中州賀vs大江>の対戦が多いようですが、喧嘩をすると翌年は参加停止となるので、2016年はどうなるかわかりません。

 いずれにせよ、鉢合わせはルール違反ですし、間近での観覧は危険でもあります。けんか目的ではなく、「かきくらべ」などの本来の技を楽しみましょう。

 

 以上、新居浜太鼓祭りの見どころなどを紹介しました。エネルギッシュな祭りに、地元の人でなくてもヤミツキになってしまう人も多いのがこの祭りです。

 是非、一度、ライブで間近にみて魅力を味わってみたいですね。

スポンサーリンク

 - お祭り

error: