中秋の名月(十五夜)の方角はどちらに見える? 2017年は何日?

      2017/09/14

中秋の名月

 中秋の名月、つまり十五夜のお月さまって、どっちの方向に見えるんだっけ? そもそも毎年9月15日と決まっているんだったけ?という疑問に、答えていきましょう。

 まず、中秋の名月の見える方角ですが、時間にもよりますが、原則、満月は東から上がります

 また、2017年の中秋の名月は10月4日になります。ですが、実は、満月は10月6日なんです。

 以下に、月の動きについて、もう少し詳しく説明していきましょう。

中秋の名月が、毎年違った日になるのはなぜ?

 十五夜とか名月って毎年決まっているんじゃなかったけ?と疑問に思った方も多いでしょう。

 実は、中秋の名月は毎年、日付が替わります。

 なぜそうなるのでしょう? 

 中秋の名月は、旧暦8月15日の夜の月のことを指します。正確に言えば、旧暦8月15日〜16日にかけての夜です。

 そもそも「中秋」とは、秋の真ん中の月という意味です。旧暦の秋は、7月、8月、9月ですので、中秋は旧暦8月ですね。

 新暦と旧暦(=太陰暦)は、けっこうズレていますので、中秋の名月は9月7日~10月8日の間になります。

 旧暦は、月の動きを基本とした暦で、月が新月から満月を経て新月になるまでを1カ月としています。月の満ち欠けの周期は約29.5日ですので、旧暦の1カ月は29日。しかしこれでは、1年が12カ月で354日しかありません。1年は365日ですので11日足りなくなってしまいます。

 そこで、太陰暦では、3〜4年に1回、閏月(2回ある月)を入れて、調整をします。この方法を太陰太陽暦と言います。つまり、旧暦では、12カ月ある年と13カ月ある年があるのです。このため、新暦と旧暦はズレが生じてくるんですね。

 ただ、中秋の名月がある旧暦の8月は、太陰暦の決まりでも「秋分の日を含む月」とされていますので、だいたいい旧暦8月は新暦の9月はかさなります。そうなるように、閏月で調整されるのです。

 他の月ですと、旧暦と新暦が1カ月以上ずれることが多いですが、旧暦の8月と新暦の9月は、ズレが少ないほうなのですね。

 ちなみに、近年の中秋の名月の日付は、以下のようになっています。

中秋の名月(十五夜)の日付
2011年 09月12日
2012年 09月30日
2013年 09月19日
2014年 09月08日
2015年 09月27日
2016年 09月15日
2017年 10月04日
2018年 09月24日
2019年 09月13日
2020年 10月01日

中秋の名月が上がる方角と時刻は?

 さて、中秋の名月、十五夜のお月様を楽しむのは、どちらの方角を見て、月が昇るのを待つのがよいのでしょうか?

 日頃、月なんか観るヒマもないよ〜、って人は、案外、満月がどこから上がるか知らないものです。というか、知ってる人の方が少ないかもしれませんね。

 そうでなくても、月の動きは複雑で、毎日、案外おおきな幅で位置がズレていきますので、4〜5日間を置いて月を観たときに、「あれ、こないだ、この時間、月あっちに出てたのに、今日はこっち?」という感じで、不規則に動いているかのように見えます。

スポンサーリンク

 日が暮れたら、突然、上空に月が表れていたり、昼間に月が見える時も少なくないですしね。

 このように、一見「神出鬼没」のような月ですが、実は、旧暦の1カ月単位で、規則的に出ています。季節によって、あがる高さが違ってきますが、方向と時間帯には一定の法則があります

 では、中秋の名月は、どんな動きをするでしょうか?

 東京での例で言えば、

夜18時頃に、ほぼ真東の方角からあがり、夜の0時に南の上空を通り、朝、五時過ぎに西へ沈みます。

 時刻は地方により変わりますが、方角はほぼ全国共通です。満月は日暮れとともに真東から上がってくる。そして、夜の12時頃には南の高い位置に来る。という原則になります。

 地平線に近い位置から赤く染まりながら上がり、黄色から白へと変化をしながら、あがっていく様子を、ちょうど18時から21時頃までの、宵の口の良い時間帯に観ることができます。

 だからこそ、「月待ちは秋に限る」と言われるのでしょう。

 ちなみに、旧暦7日頃の半月(上弦の月)は、日が暮れると南の高い上空に突然あらわれます。また、旧暦二十七日の三日月(有明月)は、明け方頃に東に現れたかと思うと、やがて日の出にかき消されてしまいます。

 月の動きや出方については、こちらの記事⇒「上弦、下弦など月齢ごとの月の出方」⇒「月のウサギ模様の見え方と月の動き」についての記事も参照してください。

2017年の中秋の名月は満月にあらず?!

 さて、ここまで、中秋の名月が満月だという前提で話を進めてきました。ところが、ややこしいことに、十五夜(旧暦15日)と満月が、ズレる場合があるのです。

 これは、月も地球も楕円軌道を描いているからなんですね。

 実は、2017年の中秋の名月は、「十五夜だけど満月でない」という、ズレる場合にあたっています。

 2017年の旧暦8月15日の満月は10月6日になります。正確に言えば6日の午前3時が満月になります。なので、2017年の中秋の名月は満月より1日ちょっと早くなっているんです。

 ですので中秋の名月を見て「ちょっと欠けてね?」と思った人は、あたっています。また、月の出る時刻も満月より早くなるので、日暮れ後に月が上がってくるというより、日暮れには既に東に月が出ているはずです。

2017年は、5日〜 6日にかけての夜のほうが、より満月に近いわけですね。

 そういうわけなので、2017年は、10月4日と5日の二日間、お月見を楽しんでしまいましょう!

 ほんらい、お月見は型にとらわれず、自由に楽しむもの。十五夜の由来やお月見団子については、⇒「月見団子の数やお供えに決まりはある?」についての記事も参照してください。

 また、15日~17日へかけて、月の上がる時間が毎日遅くなって行く、というか、月が出る位置が低くなって行きます。そのへんも、この機会にぜひ3日連続で観察してみてください。月の動きが少しわかってきますよ!

  

 以上、中秋の名月の日付や、見える方角についての情報でした。

 案外、知っていそうで知らなかったことだったのでは?

 月の動きと暦の仕組みを知って、十五夜の夜を逃さずに楽しみましょう。

スポンサーリンク

 - 月のこと、もっと知ろう!

error: